英国・生命科学研究者の憂鬱

カテゴリ:研究資金( 2 )

イギリスは試薬の物価も高い。

お金の話ばかりになって恐縮ですが、イギリスは試薬の値段も高いです。
なんで消耗品買うのに、こんなにお金使うの!
って思うことがしばしばあります。

たとえば、今日買おうと思ったGE healthcare社の
nitrocellulose membrane 'Hybond ECL (Cat.RPN303D)'で比較してみましょう。

日本:22,000円
イギリス:178.00ポンド

でした。
今日の時点において213.29円/ポンドですから、
イギリス価格を日本円に直すと約37965円…


まじで?


しかも、日本では仲介業者が安くしてくれるのでもう少し安い価格で
仕入れることができるため、2倍くらいの値段で買うことになります。
なんだかなあ。


PCRをする際に絶対必要になるオリゴヌクレオチドですが、
今イギリスで使っているメーカーは、

45p / baseでスモールスケールを、
80p / baseでスタンダードスケールを作ってくれます。

日本では50円/baseだから、日本の倍か。
やっぱり倍の値段がかかります。
ちょっと調子に乗って60merとかのオリゴを注文しただけで
すぐに10,000円超えます。すごいなあ。


さらにMacなどコンピューター関連も高い!
MacBookの一番低スペックのやつを買う場合、

日本:139,800円
イギリス:699.00ポンド(=149,089円)

ということで、1万円強差が出ます。

働き始め、1年でこんなにお金使えるんだと思って
Budgetのリスト見てびっくりしたものでしたが、
サプライヤーのカタログ見て2重にびっくりしました。

確かに日本のGDPは小さくなってきていますが、
スコアだけ高くても結局イギリスの方が物質的には貧乏になるんじゃないのかな?
と思ってしまうわけです。
[PR]
by brummie | 2008-02-16 04:45 | 研究資金

仲介業者ってありがたい。

日本で研究していると、必ず研究室に仲介業者さんという人が来ます。
ナカライや和研さんなど地域によって様々な業者さんたちがいるようです。
http://www.nacalai.co.jp/
http://www.wakenyaku.co.jp/bio/index.asp

彼らは、サプライヤーから大量購入したりして安く仕入れてくれたりするので
カタログ価格よりも安く試薬をおろしたりですとか、
旬のセール情報なんかを逐一教えてくれたりする研究のサポート役です。
また、試薬を研究室まで運んでもらえるのもとてもありがたいです。


イギリスでは原則的に仲介業者がいません。
なので、個人がサプライヤーと個別に交渉して値下げしてもらったりとか
してもらわなければいけない。これはめんどくさいです。

専用の黄色い用紙にカタログやウェブサイトから試薬の代金を計算して記入し、
値引きした物はそのquotation numberを書いたりとかして
Finance dept.に持って行くと一応注文完了です。

Financeのお兄さんたちは完全に事務方なので製品に関する知識が全くありません。
なので、間違った製品が届いたりすることもありますが、
字が綺麗でカタログ番号がしっかり書いてあれば普通は大丈夫です。


とにかく一つ一つの注文に関して融通が利かないので困ります。
それは日本も同じかもしれませんが。

サプライヤーのウェブサイトにメンバー登録しておくと値引きがかかるというので
いくつかのサイトに登録していますが、登録するともれなく送られてくる
ダイレクトメールがうざい。
みんな自動的にバルクメールフォルダに行くように指示しています。

注文していた試薬は順次ストアと呼ばれる部門に着きます。
ここは、文房具や簡単な酵素のストックもあって便利なのですが、
午前9時から午後4時(途中12時から1時半まで休憩)しかやっていないので
注意が必要です。
ホワイトボードに注文書いて、知らない間に試薬を届けてくれる
日本のシステムが懐かしいです。
[PR]
by brummie | 2008-02-15 07:09 | 研究資金



イギリスで生命科学研究をする上での愚痴